バナナと黒糖、「いいちこ」を使って、甘くて濃厚な「バナナ酒」を作ってみませんか? ストレートはもちろん、さまざまなカクテルアレンジも楽しめます。夏の疲れも癒される南国風の味わいを、ぜひお試しください。

まろやかでとろりと甘い、極上の「バナナ酒」はいかが?

1年中スーパーで手に入り、価格も手頃な南国のフルーツ「バナナ」。黒糖と一緒に「いいちこ25」に漬け込めば、風味豊かでこっくりとした「バナナ酒」が1週間で完成します。

フレッシュなバナナと、バナナのようなやわらかい香りを持つ「いいちこ25度」のなじみはバツグン。そこに黒糖を加えることで、やさしい甘みがプラスされます。

とろけるような甘さのバナナ酒は、ココアやコーラなどさまざまなドリンクとも相性がよく、カクテルアレンジの幅が広いのもうれしいポイントです。

※自家製漬け込み酒をつくる場合、酒税法の規定で、アルコール20度以上の酒類で漬けなければならず、ぶどうや穀類等と一緒に漬けることは禁止されています。自家製漬け込み酒は、他者への提供や販売、譲渡はできません。

バナナ酒の材料

・保存瓶(1.0ℓ以上のサイズがおすすめ)
・いいちこ25度…450ml
・バナナ…皮なしで正味300g(3本位)
・黒糖…70g(甘めが好きな方は90gまでOK)

【バナナ選びのポイント】
完熟のバナナを漬け込むと雑味が出やすくなるため、食べ頃になる前の、硬めで皮が緑がかったバナナを選んでください。

バナナ酒の材料

バナナ酒の作り方①|保存瓶を消毒する

漬け込む容器を消毒します。消毒用アルコールを浸み込ませたキッチンペーパーで、容器の内部をまんべんなく拭きます。菜箸やトングを使うと便利です。

保存瓶を消毒する

バナナ酒の作り方②|バナナを切る

バナナの皮をむいて筋を取り、横に5mm間隔に切ります。

バナナを5mm幅にカットする

バナナ酒の作り方③|漬け込む

アルコールで消毒をした保存容器に、バナナ(300g)と黒糖(70~90g)を入れ、「いいちこ25度」(450ml)を注ぎます。

瓶に材料を入れ、いいちこを注ぐ

容器全体を軽くゆすり、「いいちこ25度」に材料をなじませます(1日3回ぐらい行うと早く飲み頃になります)。

バナナ酒の作り方④|1週間後にバナナを取り出す

漬け込んでから1週間後に、バナナの実を取り出します。実を漬けたままにすると雑味が出てきやすいため、途中で引き上げるのがおいしさのポイントです。

1週間後のバナナ酒
1週間後のバナナ酒

漬け込んだバナナは時間が経つと下の写真のように色がやや黒っぽく変化しますが、品質に影響はありませんのでご安心ください。

1週間後のバナナ

実を取り出したら完成、飲み頃です。直射日光が当たる場所や高温になりやすい場所を避け、常温で保存してください。

バナナを取り出したバナナ酒

バナナ酒のおすすめの飲み方

コク深いバナナ酒は、リキュールのようにさまざまなドリンクで割って楽しむことができます。割合は目安ですので、お好みによってご調整ください。

ストレート
バナナ酒の濃厚な甘みをダイレクトに感じたいなら、まずはストレートでどうぞ。バナナと黒糖が合わさったとろりと甘い味わいに、心も体も癒されます。

グラスに注いだストレートのバナナ酒

炭酸割り
バナナと炭酸は意外な組み合わせにも思われますが、炭酸のさわやかさの中にほんのりとバナナの風味が広がり、暑い季節にもぴったりのスッキリとした味わいに。よく混ぜてから飲むのがおすすめです。
おすすめの割合 バナナ酒1:炭酸水2

バナナ酒の炭酸割り

牛乳割り
まろやかな牛乳とバナナ酒の組み合わせは、まったりとお酒を楽しみたい気分のときにうってつけ。黒糖の甘みがあることで、よりコク深い味わいに。氷をたっぷり入れてどうぞ。
おすすめの割合 バナナ酒1:牛乳3

バナナ酒の牛乳割り

コーラ割り
シュワッとしたコーラの爽快感のあとに、バナナの甘みが追いかけてくる絶妙な組み合わせ。コーラの力強い味わいにも負けないバナナ酒の濃厚さをお楽しみください。
おすすめの割合 バナナ酒1:コーラ3

バナナ酒のコーラ割り

ココア割り
チョコバナナのような味わいが楽しめる、間違いのないコンビネーション。ココアのミルキーな口当たりのあとに、バナナ酒の深みがプラスされた、大人のデザートドリンクです。
おすすめの割合 バナナ酒1:ココア3

バナナ酒のココア割り

コーヒー割り
甘さ控えめがお好きな方はブラックコーヒーと一緒にどうぞ。コーヒーの苦みの中にバナナ酒の風味がちらりと漂う、ほのかに甘い味わいに。お好みでシナモンパウダーをかけるとより香り豊かになります。
おすすめの割合 バナナ酒1:コーヒー3

バナナ酒のコーヒー割り

バナナ酒はプリンにかけてもおいしい!

市販のプリンに、バナナ酒をかけて食べるのもおすすめです。バナナ酒のコクが香ばしいカラメルソースと交わり、上品な大人のスイーツに。カラメルは甘みが強いので、バナナ酒はたっぷりとかけるのがポイントです。

バナナ酒をプリンにかけている様子

とろりとした舌触りとコクのある甘みの濃厚バナナ酒。疲れを癒やしてくれそうなやさしい味わいをぜひお試しください!

※記事の情報は2022年7月19日時点のものです。

▼こちらの漬け込み酒もどうぞ!
【ブルーベリー酒】1週間で完成! 甘酸っぱさがギュッと詰まったブルーベリー酒の作り方
【グレープフルーツ酒】さわやか! ほどよい酸味の絶品グレープフルーツ漬け込み酒の作り方
【いちご酒】旬を漬け込む! 手作りいちご酒の絶品レシピ
【スパイス焼酎】チャイ風もおいしい! スパイス+紅茶の漬け込み酒の作り方
【ゆず酒】旬のゆず2個を使ったおいしいゆず漬け込み酒の作り方
【焼酎サングリア】気分がアガる! 見た目も味も華やかな漬け込み酒の作り方
【りんご酒】一週間で飲み頃に! 氷砂糖、黒糖、はちみつを使った3種類の自家製りんご酒の作り方
【レモン酒】究極のレモンサワーがいつでも楽しめる! おいしいレモン酒の作り方
【コーヒー焼酎】コーヒー豆×「いいちこ」がおいしい! 作り方&飲み方アレンジも紹介します
【果実のお酒】漬けて翌日すぐ完成! 本格焼酎でつくる簡単漬け込み酒レシピ

レシピ監修/福光佳奈子さん

福光佳奈子さん

薬用酒レシピ開発者・野菜ソムリエプロ。札幌市生まれ。会社員時代に梅酒が大好きになったことがきっかけで、梅酒作りをはじめる。趣味として、果実酒や野菜酒、ハーブ酒などレシピ数を増やしていく。スパイスやエディブルフラワーなど、とり入れる食材の幅は広がり続け、15年間で300種類以上のレシピを開発。著書「体にうれしい果実酒・野菜酒・薬用酒200」(秀和システム)は台湾やシンガポールなど世界5か国で翻訳版も出版している。