本格焼酎は、いろいろな飲み方が楽しめるお酒です。今回は、焼酎の基本の割り方から焼酎初心者にもおすすめの簡単アレンジレシピ、“育てる楽しみ”もある漬け込み酒まで一挙にご紹介します!
※ここでは本格麦焼酎「いいちこ」を使ったさまざまな飲み方をご提案しています。

目次

焼酎の飲み方・基本①|ロック

ロック

氷と焼酎だけで作る「焼酎のロック」。氷によって冷たく引き締められた焼酎のキリっとしたおいしさ、鼻に抜ける原料や熟成による香りが楽しめる飲み方です。

作り方はグラスに氷を入れて焼酎を注ぐだけ。ですが、シンプルな工程ゆえに氷の選び方や混ぜ方など、ちょっとしたコツが仕上がりを大きく左右します。

焼酎の飲み方・基本②|水割り

水割

グラスに焼酎と水を注いで楽しむ「焼酎の水割り」。本格焼酎の風味をやさしく引き出し、口当たりをまろやかにしてくれる飲み方です。また、水で割ることでアルコール度数が低くなるため、食事と一緒に味わうのにも最適です。

水割りの場合、グラスに注ぐ順番は、焼酎が先で水が後。焼酎と水の割合は、焼酎6:水4~焼酎5:水5がおすすめです。

焼酎の飲み方・基本③|お湯割り

お湯割り

グラスに焼酎とお湯を注いで作る「焼酎のお湯割り」。焼酎の本場九州では最もポピュラーな飲み方の1つで、昔から夏でも体を温め、疲れを癒す飲み方として親しまれてきました。

お湯割りは、水割りとは逆で、お湯を先に入れてから焼酎を注ぎます。焼酎と水の割合は、焼酎6:水4~焼酎4:水6がおすすめです。

焼酎の飲み方・基本④|ハイボール(炭酸割り)

ハイボール

焼酎に炭酸水を注いで作る「焼酎ハイボール」。シュワッと弾ける炭酸の心地よい刺激と、ふわりと立ち上る本格焼酎の香りが楽しめる飲み方です。からあげなど油分の多い料理とも相性が良く、口の中をさっぱりさせてくれます。

おいしく作るポイントは、炭酸水を静かに注いで混ぜること。仕上げにティースプーン1杯の焼酎をフロートさせると、より香り豊かな一杯になります。

焼酎の飲み方・簡単アレンジ①|究極のお茶割り

お茶割り

お茶割りは焼酎と緑茶を混ぜて作るのが一般的ですが、「究極のお茶割り」は焼酎と茶葉を一緒に急須に入れてお茶を抽出する新しいスタイル。お茶由来の旨みや甘みがそのまま焼酎に移るので、ロックで飲んでもアルコール感をあまり感じさせない、風味豊かなお茶割りができます。

作り方のポイントは、お茶を「低い温度」で抽出すること。茶葉の成分の苦みや渋みが抑えられ、甘み成分「テアニン」のみが引き出されます。

焼酎の飲み方・簡単アレンジ②|焼酎モヒート

焼酎モヒート

キューバ生まれの爽やかカクテルから着想を得た、本格焼酎をベースに作る「焼酎モヒート」。ミントの代わりにパクチーや青じそなど料理にも大活躍のハーブを使うので、もちろん食事との相性も抜群です。

パクチーモヒートを作る場合は、パクチーの葉をつぶしすぎると苦味が出てしまうので、軽くつぶして風味を移すのがポイントです。

焼酎の飲み方・漬け込み酒①|レモン酒

レモン酒

レモン、氷砂糖、本格焼酎の3つの材料でつくる「レモン酒」。飲み頃は漬けてから1週間後。この“究極のレモンサワーの素”があれば、あとは炭酸で割るだけで、いつでもおいしいレモンサワーが楽しめます。また、お湯割りや紅茶割りにして飲むのもおすすめです。

レモンは、①皮の外側からでも香りがするもの、②皮にツヤがあり色ムラがなく鮮やか、③重量感があるものを選びましょう。

焼酎の飲み方・漬け込み酒②|コーヒー焼酎

コーヒー焼酎

コーヒー豆をそのまま本格焼酎に漬け込む「コーヒー焼酎」。コーヒー豆本来の芳ばしい香りや濃厚な味わいが楽しめます。また、砂糖などの甘みを加えていないのでアレンジも自在。サンドイッチやピザ、スイーツとも相性抜群です。

コーヒー豆はキリマンジャロやハワイコナ、コロンビアなど酸味の強いものが特におすすめ。漬ける前にフライパンで乾煎りすると、より香り高く仕上がります。

焼酎の飲み方・漬け込み酒③|スパイス焼酎

スパイス焼酎

カルダモン、クローブ、シナモンなどの香り高いスパイスを、本格焼酎に漬け込んだ「スパイス焼酎」。漬け込んでから1週間ほどで飲み頃になります。

紅茶ベースなので飲みやすく、そのままストレートで飲んでもおいしいのですが、牛乳や豆乳を加えて、インドのチャイ風にすると格別の味わいです。

※自家製漬け込み酒をつくる場合、酒税法の規定で、アルコール20度以上の酒類で漬けなければならず、ぶどうや穀類等と一緒に漬けることは禁止されています。自家製漬け込み酒は、他者への提供や販売、譲渡はできません。


ご紹介したように、焼酎はさまざまな飲み方・割り方ができるお酒です。ぜひ、その日の気分や料理に合わせた飲み方・割り方を、本格麦焼酎「いいちこ」でお楽しみください。

※記事の情報は2022年4月8日時点のものです。