お茶割りといえば焼酎に緑茶などのお茶を加えるのが一般的ですが、三和酒類がおすすめする「いいちこ究極のお茶割り」はちょっとユニークなんです。SNS等で人気を博している「いいちこ究極のお茶割り」のおいしさをご紹介します。

「いいちこ究極のお茶割り」とは?

さまざまな「いいちこ」の飲み方やピッタリのおつまみを紹介する「下町のナポレオンの辞書」で紹介し、「#いえちこ」公式Twitterでは人気声優の谷山紀章さんも動画で作り方を披露している「いいちこ究極のお茶割り」。

一般的なお茶割りのように焼酎を緑茶で割るのではなく、「いいちこ」でお茶を抽出する新しいスタイル。言わば、“水出し冷茶”ならぬ“いいちこ出し冷茶”です。

実はこの「いいちこ究極のお茶割り」は、「いいちこ」を片手に、「いいちこ」の新しい飲み方についてアイデアを出し合い議論する消費者参加型イベント「いいちこらぼ」から生まれたもの。

2018年に行われた第4回目のテーマが「お茶」で、「究極のお茶割りとは?」を追い求めて、イベントのために招かれたお茶の専門家との中から生まれたアイデアが、この飲み方なのです。

「いいちこ究極のお茶割り」が究極においしい理由は?

「いいちこ究極のお茶割り」イメージ

「いいちこ究極のお茶割り」のおいしさのポイントは、お茶を「低い温度」で抽出すること。そうすることで、茶葉の成分の苦みや渋みは抑えられ、甘み成分「テアニン」のみが引き出されます。

お茶由来の旨みや甘みがそのまま「いいちこ」にプラスされるため、オン・ザ・ロックで飲んでもアルコール感をあまり感じさせない、お茶の風味豊かな「いいちこ究極のお茶割り」ができあがるのです。

「いいちこ究極のお茶割り」の作り方は簡単!

では、作り方をご紹介しましょう。

①まずは、通常緑茶を入れる時の2倍の量の茶葉を急須に入れます。

「いいちこ究極のお茶割り」手順①

②そこに、ロックアイスを入れて、

「いいちこ究極のお茶割り」手順②

Point!
ロックアイスを入れて「低い温度」でお茶を抽出することで、苦みや渋みが抑えられ、甘み成分が抽出されます。

③「いいちこ20度」をトクトクと注ぎます。

「いいちこ究極のお茶割り」手順③

④少し急須を揺すってから、10~15分ほどおいて抽出します。

「いいちこ究極のお茶割り」手順④

⑤急須からグラスに注いで、オン・ザ・ロックや水割りでお楽しみください。

「いいちこ究極のお茶割り」完成

▼「いいちこ究極のお茶割り」の作り方はこちら
いいちこ 「下町のナポレオンの辞書」 究極のお茶割り篇

■「いいちこ究極のお茶割り」に合う料理は?
お茶の消臭効果が食材の臭みを抑えるので、「餃子」や「しめ鯖」など香りが強い料理とのペアリングがおすすめです。

「いいちこ究極のお茶割り」におすすめの「いいちこ」は?

「いいちこ究極のお茶割り」におすすめな「いいちこ20度」

いいちこ20度

「いいちこ究極のお茶割り」を作るなら、「いいちこ20度」がおすすめです。20度専用で原酒をブレンドすることで引き出した、やわらかな口当たりと割っても広がる豊かな味わいが特徴です。

そのため、お茶を直接抽出しても「いいちこ」の味わいがしっかり感じられ、お茶の甘みやほんのりとした渋みとも相性抜群なのです。また、20度というアルコール度数が、オン・ザ・ロックで飲むのにちょうどよいのもおすすめ理由のひとつ。

ぜひ「いいちこ20度」で、「いいちこ究極のお茶割り」をお試しください!

▼「いいちこ究極のお茶割り」に最適な「いいちこ」はこちら

※記事の情報は2021年1月22日時点のものです。