「いいちこ」は、大麦や大麦麹を原材料とした本格麦焼酎です。では、そもそも焼酎とはどんなお酒で、麦焼酎にはどんな魅力があるのでしょうか? 今回は、焼酎の基礎知識や、麦焼酎の特徴、飲み方についてご紹介します。

※ここで言う「麦焼酎」は、主に三和酒類が製造する麦焼酎を指します。

そもそも「焼酎」とは?

日本には、「日本酒」と「焼酎」という2つの伝統的なお酒があります。その大きな違いは、日本酒は「醸造酒」であるのに対し、焼酎は「蒸留酒」であることです。

日本酒は原料のお米を発酵させてもろみにし、それを搾ってつくられます。一方、焼酎は原材料(麦、米、芋など)を発酵させてもろみにし、それをさらに蒸留したもの。もろみをそのまま搾ってつくられるのが「醸造酒」。もろみを蒸留してつくられるのが「蒸留酒」です。

▼「醸造酒」と「蒸留酒」の違い

「醸造酒」と「蒸留酒」の違い

焼酎は、蒸留方法の違いにより「単式蒸留焼酎」「連続式蒸留焼酎」という2種類に分かれます。

●単式蒸留焼酎
単式蒸留機で蒸留したもので、アルコール分が45度以下の焼酎を指し、原料由来の香りや旨みを感じられるのが特徴。麦、米、芋など指定された原料を使った単式蒸留焼酎は「本格焼酎」と呼ばれる。

●連続式蒸留焼酎
連続式蒸留機で蒸留したもので、アルコール分が36度未満の焼酎を指し、クリアな風味が特徴で、チューハイや梅酒などの果実酒用として使われることが多い。

▼「単式蒸留焼酎」と「連続式蒸留焼酎」の違い

「単式蒸留焼酎」と「連続式蒸留焼酎」の違い

麦焼酎の原料は「二条大麦」

大麦畑

九州は本格焼酎の生産が盛んな地域で、約300もの蒸留所が点在しており、その地域ごとに育まれる豊かな農産物を原料とした多様な味わいの焼酎が九州各地で生産されています。

この地域に根差した多様な原料こそが本格焼酎の大きな魅力であり、それゆえ本格焼酎は、地域の文化と切り離せないお酒なのです。

三和酒類が本社を置く大分県も、もともと麦の栽培が盛んな地域で、そこから麦焼酎も生産されるようになりました。

麦焼酎に使われるのは「二条大麦」と呼ばれる大麦で、ビールやウイスキーの原料にも使われます。ちなみに、大麦1kgからおよそ1升(1800ml)分の麦焼酎ができます。

麦焼酎は初心者にも飲みやすく、健康にもうれしい特徴が

麦焼酎はどんな料理にも合わせやすい

麦焼酎は、麦のやわらかな香りや味わい、うまみが感じられ、飲みやすさがあります。また、和食に限らず、どんな料理にも合わせやすいという魅力を持っています。

さらに、麦焼酎は蒸留酒なので、健康面でもうれしい特徴があります。糖質ゼロ、プリン体もゼロ。適量を守れば体にも優しいお酒です。

また、基本的には「賞味期限」がありません。未開栓であれば風味の変化も起きにくいため、家に常備しておけるというメリットもあります。

▼詳しくはこの記事をチェック
「焼酎に賞味期限はある? ベストな保存方法とは?」

麦焼酎は多彩な飲み方が楽しめるのも魅力

さまざまな飲み方が楽しめるのも、麦焼酎の大きな魅力のひとつです。

定番のストレートや水割り、お湯割り、オン・ザ・ロック、ソーダ割りのほか、「いいちこ究極のお茶割り」や、「いいちコーヒー」、「いいちこスパイシーハイボール」などをおすすめしています。

「いいちこ究極のお茶割り」


低い温度で抽出することで、茶葉の旨みが「いいちこ」にプラスされ、驚くほどまろやかで甘み溢れるお茶割りが味わえます。

「いいちコーヒー」


コーヒーの苦味と「いいちこ」のスッキリ感がマッチ。さらにアイスクリームを浮かべると、大人のデザートにもなります。

「いいちこスパイシーハイボール」


スパイシーな風味が「いいちこ」を引き立てて、新感覚のおいしさ。胡椒の代わりに山椒を入れても爽やかな味が楽しめます。


好きな飲み方で、好きな料理に合わせて楽しめる麦焼酎は、食中酒としておすすめのお酒なのです。

※記事の情報は2021年1月15日時点のものです。