お取り寄せしてでも食べたい大分グルメを、大分県出身のフードアドバイザー・神谷禎恵(かみやよしえ)さんがレコメンド! 今回は“元祖日田焼きそば”として知られる「想夫恋(そうふれん)」の焼きそばをご紹介。一般的な焼きそばとは一線を画す、そのおいしさの秘密とは?

一度食べるとクセになる! 「想夫恋」の焼きそば

大分県日田市「想夫恋 本店」で供される元祖日田焼きそば
大分県日田市「想夫恋 本店」で供される元祖日田焼きそば

「想夫恋(そうふれん)」は、大分県日田(ひた)市に本店を構える日田焼きそば専門店。1957年創業の老舗で、地元の方なら一度は想夫恋の焼きそばを口にしたことがあるのではないでしょうか。

その特徴は、まず鉄板でしっかり焼き付けられたパリパリの太麺。具はシャキシャキのもやしと彩りのネギ、角切りの豚肉だけという潔さ。そこに香ばしいソースが絡んで…と、なんともクセになる旨さ! さらにお好みで卵を落としたり、紅生姜を添えたり。「う〜ん、これこれっ!」と思わず唸ってしまうのです。

初めて想夫恋を訪れた人も、熱々の鉄板皿で湯気を上げながら運ばれてくる焼きそばを目で追いながら、その香りや視覚だけで胃袋を掴まれた状態になります。いざ焼きそばが目の前に置かれると、今度は「キャベツは入ってないの?!」「麺がパリパリッ?!」と驚きます。そして食べてみて納得するのです。独特の食感や味わいのハーモニーが生み出す、新しくもどこか懐かしい焼きそばの味わいに。

鉄板の前で食べる焼きそばは格別の味

日田市は大分県の西部に位置し、九州の真ん中ともいえます。私はもともとこの土地にゆかりがあり、想夫恋には子どもの頃から連れて行ってもらっていました。想夫恋の焼きそばは、私にとってもソウルフードなのです。

今では、大分県内はもとより福岡県や佐賀県、本州にも店舗をもつ想夫恋ですが、本店のカウンターで食べるのが私にとっては格別。カウンター越しに背筋を伸ばした料理人さんが並んで、麺をじっくり焼いて、たっぷりのもやしをのせ、ヘラで高く持ち上げては返しながら焼き付けていく姿は独特の風景です。私たちがフライパンで炒めて作る焼きそばとは、食感も風味も全く違います。

鉄板の上での調理風景

焼きそばは、本来自宅でも気軽に作れる料理ですが、想夫恋の焼きそばに関しては、できればやはり日田の地で、お店に行って食べたいものです。

細部に宿る「元祖日田焼きそば」としての誇りと自信

大分県日田市にある「想夫恋 本店」
大分県日田市にある「想夫恋 本店」

昨今ではご当地グルメとして、「日田焼きそば」の知名度も全国的にずいぶん上がってきましたが、発祥は想夫恋の創業者・角 安親(すみ やすちか)氏によると言われています。麺類を焼いたものに着目して、麺を焼いたから「焼きそば」と名づけたそうです。

想夫恋では、麺は季節環境などにも配慮して製造し、もやしは豆から厳しくチェックをして食感が生み出せるものを自家栽培しているそう。新鮮なトマトを熟成させて作られるという秘伝のソースは、爽やかな風味でベトつかず、あっさりとした味わい。豚肉もおいしいのです。スライスではなく角切りの豚肉が入っていて、それがいい味を生み出します。それぞれの素材の選び方、焼き方、盛り付け、すべてに「元祖日田焼きそば」への誇りと自信がうかがえます。

想夫恋の焼きそばには「いいちこハイボール」を

想夫恋の焼きそばと「いいちこハイボール」

今回、想夫恋の焼きそばがオンラインでも購入できることを知り、早速お取り寄せ。説明書に記されている通りに自宅で作ってみました。料理人さんたちの所作を思い浮かべながら、麺を焼きつけ、ヘラで高く持ち上げてみたりもしました。

すると、確かにお店で食べる焼きそばに似たものが出来上がって、本当にうれしくなりました! 味も、想夫恋の焼きそばそのもので大満足。でも不思議なもので、食べたそばから「今度は現地まで食べに行こう」と、お店の味がさらに恋しくなりました。

そんな想夫恋の焼きそばには、やはり「いいちこ」を炭酸で割った「いいちこハイボール」がぴったり! ソースの香ばしさが際立つ熱々の焼きそばを爽やかな喉越しの炭酸で流し込む。「あ〜っ、旨い!」と、つい言ってしまいます。きっと、あっという間に一皿が終わって、また食べたくなること間違いなしです。

▼あわせて読みたい
焼酎のハイボールを極める!~作り方のコツと絶品レシピ7連発~

【お取り寄せ情報】

商品カット

・想夫恋焼きそばセット「歴史と伝統の味を誇る焼きそば」(1箱4食入り) 1337円(税込・送料別)

販売元:株式会社 想夫恋
▶お取り寄せはこちらから


大分グルメ案内人

神谷さんポートレート

神谷 禎恵(かみや よしえ)さん
大分県宇佐市出身。母が設立した「生活工房とうがらし」を、2015年に株式会社生活工房とうがらしとして継承し、食を軸として様々な活動を展開。趣味はおにぎりを握ること。食のブランディングや地域の食を伝える活動を行っている。Facebookページの『ごはん大好き』は世界に6万人のフォロワーを持つ。

※記事の情報は2021年12月24日時点のものです。