「いいちこ下町のハイボール」シリーズに新たな商品が仲間入り! その名も「いいちこ下町のハイボール Lemo-chiko(レモちこ)」。レモンのやさしい香りと味わい、本格焼酎のおいしさが融合した、夏の食事にぴったりの焼酎ハイボールです。

「いいちこ下町のハイボール」とは?

2020年に三和酒類初の缶入り商品として登場した第1弾の「いいちこ下町のハイボール」は、いいちこらしいやわらかい口当たりとバランスの良い香りが特徴のすっきり系ハイボール。

翌年の2021年には、麦焼酎の熟成樽貯蔵酒の甘い香り、味わいをとことん生かした「いいちこ下町のハイボール GOLDEN BLEND」を発売しました。

「いいちこ下町のハイボール」シリーズ

缶のフタを開ければすぐに“プロの味”が楽しめる焼酎ハイボールとして好評のシリーズに、新たに「いいちこ下町のハイボール Lemo-chiko」が、6月14日(火)より限定出荷で仲間入りします。

「いいちこ下町のハイボール Lemo-chiko」

「いいちこ下町のハイボール Lemo-chiko」のおいしさの特徴は?

本格焼酎ならではのボディ感を持ちながら、すっきりと飲みやすい!
大麦や麹の味わいが深い常圧蒸留原酒による上質感のある複雑さやボディ感を持ちながら、後味に程よいビターテイストがあり、すっきりと飲みやすい味わいに。

厳選の国産ボタニカルを使用した、やさしいレモンの香り!
旬の時期に収穫した瀬戸内レモン果皮と大分かぼす果皮を、蔵人が手作業でベースのお酒に漬け込み、最適の状態で蒸留したボタニカルスピリッツを絶妙なバランスでブレンド。香料を使わず、ナチュラルでやさしいレモンの香りと味わいを実現。

瀬戸内レモン
厳選した瀬戸内レモンを使用
レモンを漬け込む
蔵人が手作業で果皮を漬け込みました

プリン体・糖質・香料・甘味料ゼロの体にも優しいハイボール
第1弾、第2弾と同様に、プリン体だけでなく、糖質・香料・甘味料もゼロ。おいしさだけでなく体にも優しいハイボールに。

「いいちこ下町のハイボール Lemo-chiko」に合う料理は?

すっきりした味わいのため、どんな料理にも合いますが、特に夏に食べたくなる辛い料理やお肉料理との相性は抜群! お好みのペアリングをぜひ見つけてください。

「いいちこ下町のハイボール Lemo-chiko」のパッケージはモダンガール

モダンガールをモチーフに、大正ロマンをイメージしたパッケージは、着物と洋服が混在し、和と洋の文化が革新的に混ざり合っていた時代背景を象徴。これは、三和酒類が伝統と革新を兼ね備えた、さまざまな技術のクロスオーバーで酒造りを行っていることも表現しています。

本格麦焼酎のおいしさを生かしながら、すっきり飲みやすく仕上げたクラフト&ボタニカル・ハイボール。夏の食事のお供におすすめです!

「いいちこ下町のハイボール Lemo-chiko」商品概要
商品名:いいちこ下町のハイボール Lemo-chiko 350ml(6%)
品目区分:スピリッツ(発泡性)①
アルコール度数:6%
原材料名:本格麦焼酎(国内製造)、レモンスピリッツ、かぼすスピリッツ/炭酸
希望小売価格(税込):193円
内容量/容器形態:350ml / 缶
販売エリア:全国
店頭発売日:2022年6月14日(火)

※記事の情報は2022年6月8日時点のものです。