1984年から続く「いいちこ」の駅貼りポスターを題材にしたアニメーションムービー『iichiko story』。その待望のepisode2が6月24日に公開! 本作の見どころや「オリジナルケース付きiichiko design集」などが当たるキャンペーン情報をご紹介します。

『iichiko story』とは?

いつも同じ場所に、変わらずにあり続ける存在として、1984年の制作開始から多くの人たちに親しまれてきた「いいちこ」 の駅貼りポスター。『iichiko story』はその世界観をこれまでにないアニメーションという手法で表現した新コンテンツです。
▶これまでのポスター作品一覧はこちら

題材は、アートディレクター河北秀也氏が長年作り上げてきた、もうすぐ500枚に及ぶ駅貼りポスターから厳選セレクト。その一枚から始まる物語を圧倒的な絵の美しさとともに、登場人物の内面をドラマチックに描きながら映像作品にしていきます。

昨年公開した初作品となるepisode1では、「出会い、別れ、再会」をテーマに男女の淡い恋愛模様を映像化して話題を集めました。

『iichiko story ep.2「野の花は海へ」』の見どころは?

第2弾となる本作は、2001年2月掲出「野の花は、自分で咲く。」と2010年7月掲出「小さな私が海に立つ。」の2枚のポスターを紐解き、脚本家が新たに書きおろした物語。『野の花は海へ』と題して、「いいちこ」の駅貼りポスターをきっかけに親子の物語が始まっていく様を描いています。

「野の花は自分で咲く。」(2001年2月掲出)
「野の花は自分で咲く。」(2001年2月掲出)
「小さな私が海に立つ。」(2010年7月掲出)
「小さな私が海に立つ。」(2010年7月掲出)

また、この2枚の駅貼りポスターに込められたメッセージに呼応するように主役の心境が変化する様子や、物語の時系列と実際のポスターの掲出時期がぴったりマッチする演出など、「いいちこ」ファンを喜ばせる仕掛けも見逃せません。

iichiko story ep.2「野の花は海へ」
【キャスト】
三輪すずか(みわ すずか) CV.三森すずこ
すずかの父 CV.新垣樽助.
【スタッフ】
脚本:久住昌之
楽曲:ササノマリイ
監督:菅原優太
キャラクターデザイン:久保山誠士、関口紫織(スタジオ・ライブ)
原画:スタジオ・ライブ

脚本は「孤独のグルメ」原作者・久住昌之さんが担当!

今回『iichiko story ep.2「野の花は海へ」』の脚本を手掛けたのは、以前「iichikoスタイル」インタビューにもご出演いただいた、マンガ家でミュージシャンの久住昌之さん。人気ドラマ「孤独のグルメ」の原作を手掛ける久住さんは、若いころから「いいちこ」を愛飲していたといいます。

iichiko story特設サイトではアニメーションの紹介、キャンペーン詳細のほか、久住昌之さんのインタビューやキャストインタビューなども公開しておりますので、ぜひご覧ください。

久住さん

脚本:久住昌之
マンガ家・音楽家。1958年、東京都三鷹市出身。81年、泉晴紀(現・和泉)とコンビ「泉昌之」としてマンガ誌『ガロ』でデビュー。以後、マンガ執筆・原作、ミュージシャンとしての活動を続ける。主な作品に『かっこいいスキヤキ』(泉昌之名義)、『食の軍師』(泉昌之名義)、『野武士のグルメ』(原作/画・土山しげる)、『孤独のグルメ』(原作/画・谷口ジロー)、『花のズボラ飯』(原作/画・水沢悦子)他著書多数。

▼あわせて読みたい
【久住昌之さんインタビュー】お酒の何が好きって“味”が好きなんです

アニメーション公開と同時にキャンペーンも実施中!

アニメーションムービー公開と同時に、iichiko storyの公式Twitter(@iichiko_story)でキャンペーンも実施中です。

『iichiko story ep.2「野の花は海へ」』のテーマ“家族”にちなみ、iichiko storyの公式Twitterアカウントをフォローの上、対象のツイートを引用リツイートしてご自身の「感謝」のエピソードを投稿すると、抽選で494名様に「オリジナルケース付き iichiko design集」が当たる他、200名様にAmazonギフト券(3,000円分)をプレゼント!

iichiko design集
オリジナルケース付き iichiko design集

アニメーション及びキャンペーン詳細はiichiko story特設サイトよりご覧ください。

▶iichiko story特設サイトはこちら

※記事の情報は2022年6月24日時点のものです。