「いいちこ」を家でも楽しんでほしい!という思いから誕生した「#いえちこ」。そのオンラインイベント第2弾として、「いいちこ」ファンを公言している声優の谷山紀章さんをお迎えし、「谷山紀章の#いえちこ」を12/19に開催しました。同じ声優事務所の勝杏里さんがMCを務め、Zoomで参加者とも交流しながら和気あいあいとした雰囲気で進んだ今回のイベント。その模様をレポートします!

谷山紀章さん

谷山紀章
山口県出身。賢プロダクション所属。声優としてアニメやゲーム、吹き替えなどで活躍。代表作は「進撃の巨人」のジャン・キルシュタイン、「文豪ストレイドッグス」の中原中也、「うたの☆プリンスさまっ♪」の四ノ宮那月など。ラジオなどにも出演するほか、GRANRODEOのボーカルとして、アーティスト活動も行っている。愛称は“きーやん”。

勝さん

勝杏里
東京都出身。賢プロダクション所属。アニメやゲーム、吹き替え、ナレーションなど声優として幅広く活動するほか、舞台などにも出演。代表作は、「宇宙兄弟」の紫三世、「進撃の巨人」のナイル・ドーク、「とある魔術の禁書目録」の土御門元春など。ギター・ベース・ドラム演奏や釣り、料理など多彩な趣味を持っている。

谷山紀章さんは“世田谷のナポレオン”!?

谷山紀章さんは“世田谷のナポレオン”!?

今回の「谷山紀章の#いえちこ」は、抽選で選ばれた方々が谷山さんとZoomで飲み会ができるというイベント。同時にYouTubeでもライブ配信しました。

MCの勝さんから「“世田谷のナポレオン”こと谷山紀章」と呼ばれると、谷山さんが登場。「いいちこ忘年会ということで、短い時間ですが楽しい飲みをしましょう。乾杯!」という掛け声とともに、参加者みんなで乾杯してイベントがスタート。

乾杯の様子

参加者それぞれのスタイルで「いいちこ」を楽しむなか、谷山さんと勝さんの最初の1杯目は、毎日「いいちこ」を飲んでいる谷山さんが“テッパン”だという「いいちこレモンフレーバーハイボール」

以前の勝さんは、焼酎にそれほど興味がなかったそうですが、谷山さんから、この「いいちこ」をレモンフレーバーの炭酸で割ったハイボールを教わり、すっかり虜に。勝さんの他にも、谷山さんからすすめられて「いいちこ」にハマった人がたくさんいるそうです。

過去には谷山さんと勝さんが出演するDVDの企画で三和酒類がある大分を訪れたり、先日も勝さんが谷山さんの家に遊びに行ったときに、勝さんお手製の料理をつまみに「いいちこ」を飲んだりしたという二人。そこから話は、谷山さんが「いいちこ」にハマったきっかけに。

谷山さんと「いいちこ」との出会いは2014年。ちょうど健康を気にするようになっていた時期で、罪悪感の少ないお酒を探していたときに出会ったのが、糖質ゼロ、プリン体ゼロの本格焼酎である「いいちこ」。

最初に飲んだのが炭酸割りだったそうで、「(「いいちこレモンフレーバーハイボール」を持ちながら)これが“きーやんいいちこクラシカル”です!“ちこすい”とか“命の水”とか言ったりもするんだけど、これと出会って変わりました。これがしっくりきたんです」とだんだんとテンションが上がっていき、谷山さんの熱弁に参加者も思わずにっこり。その後も、「いいちこ」トークが止まりません。

「いいちこ」にアイスクリームが合う?

「いいちこ」にアイスクリームが合う?

さらに、話題は「いいちこ」に合うおつまみへ。

参加者の皆さんがZoomを通じて自分のおつまみを映し出します。餃子や揚げ物、たこ焼きなどバラエティに富んでいて、まさに“飯テロ”状態。

実は今回のイベントには、「『いいちこ』を飲みながら飲食店を応援しよう」という裏テーマがあり、参加者のみなさんは、お店から取り寄せたりテイクアウトした料理を用意してくれていたのです。これには谷山さんも「えらい! 今の時代、飲食店さん潰しちゃダメだよね」と感心しきり。

そして、谷山さんが「いいちこ」に合うおつまみとして真っ先に挙げたのが、なんとアイスクリーム。まさかの回答に勝さんも「アイスクリーム!?」と困惑気味になるも、谷山さんは「『いいちこ』にはフローティングアイスもいけると思う」と新たな飲み方も提案していました。

そのほかにも、おすすめおつまみとしてチーズやサバ缶などを紹介していく谷山さん。おつまみの味付けも「いいちこ」の飲み方に合わせていくスタイルなのだそうです。

そして、参加者からの質問タイムに。

「おうちのどんなところで『いいちこ』を飲みますか」という質問に、谷山さんは「リビングでYouTubeを見ながら飲むことが多いけれど、本がずらっと並んでいる階段の踊り場で、本を読みながら飲んだり、軒下のベンチに座りながら飲んだりもしている」と、普段から「いいちこ」ライフを満喫していることを披露。「ずっといたくなる自宅にしたいの。それでお供は絶対に『いいちこ』」と言う谷山さんに、勝さんも落ち着いた雰囲気の谷山さんの家を「あそこは(居心地が)いい」と褒めたりと、二人の仲の良さも垣間見えました。

「#いえちこ」のレシピ動画で新発見!

「#いえちこ」のレシピ動画で新発見!

話が進むうちに、「いいちこレモンフレーバーハイボール」を飲み終えた谷山さん。2杯目に飲んだのは、「いいちこ究極のお茶割り」。谷山さんが思わず「うっま!」と声をあげると、勝さんも気になったようで「僕もこれをください」とスタッフにリクエスト。

ここで、トークに夢中になるあまり、この日のために用意した自分たちのおつまみに、まったく触れていなかったことに気づいた谷山さん。

いろいろな料理が並ぶなか、谷山さんがずっと気になっていたのは「チャーシュー」。実はこの「チャーシュー」、料理が得意な勝さんが作ってきていたのです。さっそく箸を伸ばす谷山さん、食べた瞬間から笑顔がこぼれ、「死んだら、(勝さんのチャーシューを)棺桶に詰めて、いっしょに焼いてほしいくらいおいしい」と大絶賛。

谷山さんが勝さんのチャーシューをおいしそうに食べている間に、「#いえちこ」公式Twitterでも谷山さん自ら披露している「いいちこレモンフレーバーハイボール」のレシピ動画を紹介。さらに、同じく「#いえちこ」公式Twitterで紹介している他のレシピに関しても話が展開していきます。

二人が飲んでいる「いいちこ究極のお茶割り」は、直接「いいちこ」で茶葉を低温抽出する飲み方。谷山さんが「これだけおいしいのかということを目の当たりにし、いま追体験しています」と言うと、勝さんも「うまい!」と気に入った様子。

▶「いいちこ究極のお茶割り」についてはこちら!

他にも「いいちこ」をコーヒーで割った「いいちコーヒー」や、「いいちこ」を炭酸で割りコショウ(!)を加えた「いいちこスパイシーハイボール」も話題に。

「いいちこスパイシーハイボール」については、谷山さんも最初は躊躇したそうですが、これが意外にもマッチ。「こういう飲み方をしても『いいちこ』は(味が)ブレないのでおいしい。チーズとかハムなんかの加工肉にも合いそう」とのこと。

それを聞いた勝さんも試してみたくなったようなので、3杯目は「いいちこスパイシーハイボール」に決定。初めて飲んだ勝さんは「パンチが効いてていいね! これすごい好き!」と大興奮。参加者のなかにも早速試している人がいました。

「いいちこ」はクリエイティブの源になる楽しいお酒

「いいちこ」はクリエイティブの源になる楽しいお酒

声優としてだけでなく、音楽家として作詞なども行っている谷山さん。「歌詞は『いいちこ』からできている」とクリエイティブの源が「いいちこ」だと明かし、フリートークのコーナーでは今年一年の活動を振り返ります。

2020年は新型コロナウイルス感染症の影響を受け、声優業界でも4~5月ごろは活動が一時中断したそうですが、現在は今の状況に合った形で収録が再開しているとのこと。コロナ禍においてもアニメを制作するスタッフへ感謝の思いを語っていました。

その流れから、映画監督の宮崎駿さんが東日本大震災の直後にスタジオジブリのスタッフたちにかけた“ここが生産の現場なのだから、生産を止めてはいけない”という言葉について、今の状況と重ね合わせて谷山さんが熱弁。

かと思えば、ほどよくお酒が入った状態で熱く語る谷山さんが、急に「テーマってなんだっけ?」と我に返るという、まるで居酒屋トークのような場面も。谷山さんは「『いいちこ』は楽しいお酒だから」とお茶目にまとめていました。

イベントの締めくくりには、2020年9月に発売された「いいちこ下町のハイボール」を片手に、参加者のみなさんと谷山さん、勝さんで乾杯!

参加者にも飲んだ感想を聞いてみると「かぼすの香りがいい」「普段はあまりお酒を飲まないけど、(これは)飲みやすい」と好評でした。

▶「いいちこ下町のハイボール」についてはこちら!

いつも「いいちこ」を飲んでいるから、このようなイベントができてうれしかった、という谷山さん。最後は、谷山さんによるおやすみの乾杯でイベントの幕を閉じました。

今回も盛りだくさんの内容でお届けした、約1時間半に及ぶ「#いえちこ」第2弾。またの開催をお楽しみに!

オフショット


▼記事中に登場した「いいちこアレンジ」のつくり方はこちら!

▼#いえちこ公式Twitterアカウントはこちら !
@iechiko_CP

※記事の情報は2021年1月15日時点のものです。