料理家の山脇りこさん考案、たったの5分で作れる焼酎好きのためのおつまみレシピ。
今回ご紹介するのは、シャキシャキれんこんとカリカリピーナッツの食感が楽しい一品。お酢ベースのさっぱり味に黒胡椒の刺激を効かせた、おつまみ仕様のきんぴらです。焼酎のお湯割りと一緒にどうぞ。

材料(2人分)

  • れんこん・・・200g(直径5cmで長さ10cm分くらい)

  • ピーナッツ(バターピーナッツ)・・・40g

  • 植物油・・・小さじ2

  • 酒・・・大さじ1

  • 酢・・・大さじ1

  • 塩・・・小さじ1/2

  • 黒胡椒・・・小さじ1/3~(お好みで)

作り方

  • れんこんは皮をむいて縦半分に切り、半月型に薄切りにする。れんこんは皮をむいて縦半分に切り、半月型に薄切りにする
  • ピーナッツは袋に入れて綿棒などで軽く砕く。ピーナッツは袋に入れて綿棒などで軽く砕く。
  • フライパンに植物油を入れて中火にかけ、熱くなったられんこんを入れ、少ししんなりしたら、2で砕いたピーナッツ、酢、酒、塩を加え、水分が8割がたなくなるまで炒め、仕上げに黒胡椒をふる。
    れんこんを炒めて黒胡椒をふるPOINT
    れんこんのシャキシャキ食感を生かすために火を入れ過ぎないのがコツです。
ひとくちメモ

秋から冬が旬のれんこん。季節が進むにつれ、シャキシャキからムチッとした食感に変わり、歯ざわりの変化も楽しめます。また、れんこんの代わりにカブをさっと炒めて作ってもおいしくできます。

「れんこんとピーナッツの黒胡椒きんぴら」には「いいちこのお湯割り」が合う!

お湯割りと
山脇さん

このきんぴらには、ぜひ「いいちこ」のお湯割りを。湯気とともにほわりと立ち上る麦焼酎のやさしい香りが、黒胡椒のスパイシーさを引き立てます。お湯割りに梅干しを入れて、さっぱりさせてもおいしいですよ!

食感豊かな「れんこんとピーナッツの黒胡椒きんぴら」にまろやかな「いいちこのお湯割り」の組み合わせ、ぜひお楽しみください。

教えてくれたのはこの方!

山脇さんプロフィール

山脇 りこ(やまわき りこ)さん
料理家。代官山で料理教室「リコズキッチン」を主宰し、『3分クッキング』(NTV)や、『あさイチ』(NHK総合)をはじめ、テレビ、ラジオ、雑誌などでも活躍。忙しい人にも作りやすく、身体にも優しく、モダンなエッセンスも加えた家庭料理を伝えている。『明日から、料理上手』(小学館)、『いとしの自家製』(ぴあ)、『毎日食べたい かんたん3×3レシピ』(ぴあ)など著書多数。
Instagram @yamawakiriko

※調理時間には野菜を洗うなどの下準備や調味料の計量にかかる時間は含まれません。
※記事の情報は2021年11月9日時点のものです。