「いいちこ」のおいしさや楽しみ方を誰よりも分かっているはず(!)の三和酒類社員が「いいちこ」に合うと思うおつまみを激オシ! 今回は営業本部付本部アシストチーム所属の後小路舞(うしろしょうじ まい)さんが登場。「本当に時短です!」と熱を込めて語ってくれた、簡単おつまみのレシピをご紹介します。

料理は効率重視派・後小路さんの激オシおつまみは?

フルタイムで働く社員でありつつ、小学5年生と2年生の男の子のお母さんでもある後小路さん。忙しい毎日を笑顔で過ごすために、料理はとにかく効率重視!という後小路さんの激オシおつまみは…?

後小路さん

―普段、お酒はどんな風に楽しまれているのですか?

もともと量はそれほど飲めないのと、移動手段が車なので平日は飲まないようにしていて、週末のゆっくりできる時間にちょこっと楽しむ感じですね。

―キッチンに梅酒がたくさんありますね!

梅酒は、去年4本、今年1本漬けました。「いいちこ25度」「いいちこ民陶くろびん」「いいちこシルエット」など、いろんな「いいちこ」で漬けてみて、味の違いを楽しんでいます。

―マニアック…! ちなみに、どの「いいちこ」で漬けた梅酒がおすすめですか?

どれもおいしいんですが、「いいちこ25度」を使った梅酒がすっきりしていて一番好きです。

―そんな後小路さんの激オシおつまみ、教えてください!

「時短つくね」です。材料をポリ袋に入れて、混ぜて焼くだけなので、本当にあっという間に完成します。ごはんのおかずには牛ひき肉が合うんですが、お酒のおつまみだったら鶏肉がおすすめです。我が家の食卓に週に1度は登場する定番おつまみです。

時短つくね

つけだれがいろいろあるんですね。

写真に写っているのは、左上から時計まわりに、マヨネーズ、味噌だれ、スイートチリソース、ごま油と塩。つくねは下味をしっかりつけているので、そのままでも十分おいしいんですが、つけだれを工夫すると、もっと味のバリエーションが広がるんですよ。

―このメニューのお気に入りポイントは?

飲みたいお酒に合わせてつけだれを変えられるところですね。ちょっと辛くしてみたり、手元でアレンジしながら食べられるので、お酒との組み合わせの楽しみが拡がります。

それと、やっぱり手間がかからないこと(笑)。作り始めてから完成まで、20分もかからずにできます。ハンバーグのように大きいと焼くのに時間がかかるので、小さめサイズにするのが時短のポイントです。この肉だねを作っておけば、いろいろアレンジもできるんですよ。

―どんなアレンジをされているのですか?

餃子の皮でくるむと食べ応えが出ておいしいです。包んでひだを作って…という餃子の工程は一切省いて、肉だねが入ったポリ袋の隅を切って、餃子の皮の上に棒状に絞り出して焼くだけなので、これもとっても簡単です。肉だねに木綿豆腐やはんぺんを加えてふんわり食感にしたり、余ったら翌日つくね汁にしたりもしますね。

とにかく簡単で効率がいいので、作る人はストレスを抱えません。お酒もおいしく飲めて、子供たちも喜ぶし、みんながハッピーになれるメニューなんです。

時短つくね

どんな「いいちこ」と合う?

―「時短つくね」に合わせる「いいちこ」は、どんなものがおすすめですか?

すっきりしていて素材の味を消さない「いいちこ下町のハイボール」です。シンプルな味付けで鶏肉のおいしさを味わう「時短つくね」と合わせると、お互いの風味を引き立てあって、とてもおいしいです。

それと、「iichiko NEO」とも相性がいいですね。肉だねに木綿豆腐を入れると、大豆のほんのり甘い香りと「iichiko NEO」の華やかな香りが相まって、おいしさがふくらみます。

いいちこ下町のハイボール

「時短つくね」のレシピ

材料
・鶏肉ひき肉…約600g
・卵…1個
・薄力粉…大さじ2~3
▼A(下味)
・にんにく塩…小さじ1
・塩こしょう…小さじ1
・マヨネーズ…小さじ1
・焼肉のたれ…小さじ2

作り方
1.ポリ袋に鶏ひき肉、卵、Aを入れ、袋の外からもみ込み、なじんだら薄力粉を加え、さらにもみ込む。

時短つくねの作り方
時短つくねの作り方

2.スプーンで一口大にすくい、フライパンにサラダ油(分量外)を入れて焼く。

時短つくねの作り方
時短つくねの作り方

POINT
餃子の皮を使う場合は、肉だねの入ったポリ袋の隅を切って、皮の上に直接搾り出し、くるめばOK。

時短つくねの作り方
時短つくねの作り方

「味噌だれ」のレシピはこちら!

材料
・味噌…大さじ2
・すりごま…大さじ1
・ごま油…小さじ1
・コチュジャン…小さじ1(お好みで)
・砂糖…小さじ2
・ポン酢または酢…小さじ2
・にんにく…少々(お好みで)
大分味一ねぎor長ねぎ(白い部分)…適量(お好みで)

作り方
1.すべての材料をまぜあわせれば完成。

後小路さん

―最後にメッセージをお願いします!

ご紹介したレシピは、本当に短時間でできますので、毎日忙しく過ごしていらっしゃる方も、チャチャっと作れるおつまみを用意して、自分の時間を作ってホッとしていただけたらなと思います。そんなときの傍らに「いいちこ」があればうれしいです。がんばりすぎない「いいちこスタイル」、ぜひ楽しんでください!

※この記事の情報は2021年8月17日時点のものです。