BiSHやBiSなどのサウンドプロデューサーとして知られる松隈ケンタさんが、YouTubeにて音楽トーク番組「iichiko ROCK!」をスタート! 「iichiko ROCK!」は、麦焼酎「いいちこ」を愛する松隈さんとゲストが「いいちこ」を飲みながらユル~く音楽談義を展開するトーク番組です。記念すべき第1回のゲストは、松隈さんの盟友でもある、音楽事務所WACK代表・渡辺淳之介さん。三夜に分けて公開された二人の音楽談義を一挙掲載いたします!

<MC>

松隈ケンタ
1979年福岡県出身。音楽集団スクランブルズ代表。音楽プロデューサー。自身のバンド、Buzz72+で2005年にメジャーデビュー。2007年の活動休止後(2020年活動再開)は、BiSHやBiSなど、多くのアーティストのサウンドプロデュースを手掛ける。お酒をこよなく愛し、なかでも日頃からいいちこファンを公言。

<ゲスト>

渡辺淳之介
1984年東京都出身。音楽プロダクションWACK代表。BiSH 、BiS、豆柴の大群ら、多くの女性グループの仕掛人。一方でアパレルブランド「NEGLECT ADULT PATiENTS」を展開するなど幅広く活動中。

【第一夜】渡辺淳之介、音楽の原点の話のはずが、若き日のオリジナル曲披露に大汗!

「いいちこ25度」お茶割りで乾杯!

■今日のいいちこ
「いいちこ25度」お茶割り

作詞・渡辺淳之介。作/編曲・松隈ケンタという作品は数知れず。第1回のゲストは、松隈さんとともにさまざまな作品を制作してきたWACK代表の渡辺淳之介さんです。

二人の出会いは2009年。池尻大橋にあるリハーサルスタジオの従業員同士として出会います。松隈さんはバンドを解散したばかりのアルバイト、渡辺さんは現役の学生ながら見習社員という立場でした。よほど気が合ったのか、当時は「会わない日はなかった」(渡辺)というくらい一緒にいることが多く、正月も2日から飲んでいたとか。

そんなお酒好きの二人の前には、下町のナポレオン「いいちこ」が。お酒を酌み交わしながらトークができるということで、テンションは上がり気味。第一夜はいいちこのお茶割りが用意され、「サイコーですね」(渡辺)、「うまっ!」(松隈)とご機嫌な様子。

最初のテーマは「渡辺淳之介 音楽の初期衝動」。マセガキ時代のエピソードがさく裂

ギターを手に歌う渡辺淳之介さん

最初のトークテーマは「渡辺淳之介 音楽の初期衝動」。

渡辺さんによると、なぜか自宅に巨大なカラオケセットがあり、弟と一緒にアニメソングを歌っていたのが最初の記憶だとか。

その後、小学3年生で初めて買ったCDが映画『フォレストガンプ』のサウンドトラックだった、という実に渋いエピソードも披露。映画は50~80年代の歴史を交えた人間ドラマ。「ドアーズ、レナード・スキナード、エルヴィス・プレスリーら、(各時代のヒット曲が)網羅されていた。今考えるとマセガキですね」(渡辺)。

松隈さんも「小学生のころから、ちょっとひん曲がった、人と違うことやりたい渡辺淳之介が生まれてたわけね」と盟友らしいツッコミを入れていました。

渡辺さんは中学生になると、お年玉をはたいて初めてエレキギターを購入し、バンドを組みます。担当はボーカルとギター。当時好きだった女の子が「GLAYのファンだったから」という甘酸っぱい理由で、『More than Love』などをカバーしていたそう。

「オリジナル曲は作っていた?」「初めて作った曲のタイトルは?」と松隈さんから、当時のバンド活動についての質問が飛び、ついには「ここで歌って」と無茶ブリ。仕方なく歌うことに。

「では聞いてください。『星とかがあって』です」。ギターを手に自信なさげに歌う渡辺さん。

「いいじゃないですか。サビも聞きたいな」「今のがサビです」「そ、それは弱いなぁ…」

恥ずかしさを押し殺して歌ってはみたものの、松隈さんから強烈なダメ出しをくらってしまいました(笑)。

【第二夜】「この人とならメジャーを目指せる」渡辺淳之介が松隈ケンタを信頼する理由

「いいちこ25度」ソーダ割りを味わう松隈さんと渡辺さん

■今日のいいちこ
「いいちこ25度」ソーダ割り

第二夜で二人のトークのお供になったのは、いいちこのソーダ割り。「炭酸がなくなる前に飲むのがいい」という三和酒類スタッフのアドバイスで、さっそく乾杯すると、二人とも「おいしい」との声。スッキリした飲み口に「トンカツが食べたくなる」(渡辺)。「確かに。油っこい料理にも合いそう」(松隈)と感想を述べたところで、さぁ第二夜の始まりです。

第二夜では、二人による楽曲制作のスタイルや、近年音楽シーンの主流となっている「サブスクリプション」(以下、サブスク)への思いなどが語られていきます。

そんな中で興味を引いたテーマが「松隈ケンタにこだわる理由」。

二人が出会ったリハーサルスタジオを退職した渡辺さんは、インディーズのレコード会社に勤務。その会社が主催するオーディションで、プー・ルイという女性歌手と出会います。プー・ルイさんはオーディションの優勝こそ逃しましたが、渡辺さんはプー・ルイを「プロデュースしてみたい」と社長に直談判。GOサインが出ると、すぐに松隈さんの元を訪れ、曲作りをお願いしました。実は渡辺さんは、リハーサルスタジオ時代に目にした、松隈さんの作曲家としての能力に注目していたのでした。

リハーサルスタジオ時代は、周囲のほとんどがインディーズを舞台に活動。仕事柄、スタジオに出入りする人たちのプレイリストを見ることが多かった渡辺さん。

「“オシャ系下北バンド”みたいなのとか、洋楽では“ワン・ダイレクションじゃない側”だったり。そんな中、松隈さんのプレイリストだけ、YUKI、Superfly、木村カエラと、メジャーな女性アーティストがたくさん入っていたんです」

一人の人間に任せるリスクを取ってでも、松隈サウンドにこだわる理由がある

松隈さんと渡辺さんのトーク

そのころの松隈さんはヒット曲を聞きまくり、売れている人たちの音楽を研究していた時期だったそう。渡辺さんが松隈さんにこだわる理由について次のように語っていました。

「作っている曲もすごく良くて、人生で初めて“こんなにすごい人がいるんだ”と感じたのが松隈さんだった」。

そして当時、周囲の音楽仲間がインディーズで満足する中、「松隈さんだけは完全なメジャー志向。“売れたい”と思っていた。この人となら一緒にメジャーを目指せる」と感じたそうです。

プー・ルイさん以降、渡辺さんプロデュース曲のほとんどに松隈さんは名前を連ねています。曲作りを一人の人間に任せるやり方は、危機管理面からも、業界的にはほとんど取り入れられていません。松隈さん自身もリスキーに感じると語っています。同じく渡辺さんも「松隈さんが突然いなくなったら」と考えると、眠れなくなることもあると告白。それでも渡辺さんが松隈さんにこだわるのは、「一緒にメジャーを目指す」という強い気持ちと信頼があるからなのでしょう。

【第三夜】目標、夢、未来。二人が思い描く「WACK」のこれから

「いいちこ下町のハイボール」を味わう二人

■今日のいいちこ
「いいちこ下町のハイボール」

渡辺淳之介さんをゲストに迎える最終夜。今回のいいちこは、2020年9月に発売された「いいちこ下町のハイボール」。いいちこブランド初となる、缶タイプの焼酎ハイボールです。いいちこと炭酸の割合を追求。隠し味に、かぼすスピリッツを使い、プロの味わいを再現しています。

「いいちことソーダの絶妙バランス!」「プリン体ゼロ!糖質ゼロ!」と盛り上がる松隈さんに、「炭酸が抜けるんで」とせかす渡辺さん。乾杯して一口飲むと、「かぼすが主張しすぎない絶妙さ。すっきりしておいしい」と気に入った様子でした。テンションが上がってきた二人。最終日はどんな話題が出るのでしょうか?

始まりは、前回に引き続き、音楽についてのディープな話から。

クイーンが1975年に発表した名曲『ボヘミアン・ラプソディ』。ラジオの全盛期に6分を超える長尺の曲で、全英シングルチャート9週連続1位を獲ったことを例に、「サブスクに合わない曲で、サブスク1位を獲りたい」と野望を明かす渡辺さん。

それに対し松隈さんは「CDもレコードも、サブスクもラジオも(関係ない)。いつの時代に聴いても、良いと思われる曲を作りたい」と語ります。

業界にはいくつかサブスク向きとされる、曲作りのテクニックがあるようなのですが、「“サブスクとは”みたいなテクニック論は、プロモーションで使えばいい」というのが渡辺さんの考え。「サブスクのセオリーにとらわれない曲を作っていきたい」と二人の思いは同じ様です。

WACK設立時の「エイベックスのような会社にしたい」の意味

将来の夢について語る渡辺さん

最後のトークテーマは「夢」。渡辺さんがWACKを立ち上げた時のことを、松隈さんが回想。「MAX松浦氏と小室哲哉氏を中心に時代を席巻したエイベックスのような会社を、松隈さんと一緒に作りたい」と言われたことがとても印象的だったそうです。

エイベックスの創立は1988年。当時のレコード会社は超大手の老舗ばかり。そんな中、ダンスミュージックという新しいジャンルで時代を席巻。超大手に引けを取らない会社に成長しました。

「今の夢は?」と話が良い方向へ向かいそうなところで、渡辺さんが「僕も古い人間なので、六本木ヒルズとか、自社ビルとか自家用ジェットとか好きですね」と意外?な反応。すると松隈さんが「そこはサブカル感ないんですね。ミーハーだ」と茶化します。でもしっかり「自社ビルには、ものすごくいい機材をそろえた、自分専用のスタジオも作って」とお願いしていました。

夢物語のようにも聞こえますが、きっと出会った頃の二人も、安い居酒屋でこんな風に夢を語り合っていたのでしょう。最後に渡辺さんがつぶやいた「本気で頑張ります」という言葉が、とても印象的でした。

3回に渡った渡辺さんのゲスト回は、今回で終了。「いいちこ」を飲みながらのゆるっとした雰囲気の中で進んだ、松隈さんと渡辺さんのトーク。盟友だからこそ話せる意外な話から、深い音楽トークまでが繰り広げられ、あっという間に時間が過ぎてしまいました。次回もしっかりレポートしていきますので、お楽しみに!


▼「松隈ケンタ iichiko ROCK!」第一夜~第三夜は、下記のYouTube「iichikonect/いいちこ公式チャンネル」で視聴できます。

▼今回登場した「いいちこ」はこちら!

※記事の情報は2021年1月15日時点のものです。