栗原心平さん考案! 揚げ物なのに軽やかに食べられる、さくさく鶏むねフリット。絶妙のスパイス使いで、お箸が止まらなくなるおいしさです。「いいちこ下町のハイボール GOLDEN BLEND」と一緒にどうぞ。

「いいちこ」をこよなく愛する料理家

栗原心平さんポートレート

栗原心平さん(料理家)

(株)ゆとりの空間の代表取締役社長。会社の経営に携わる一方、幼い頃から得意だった料理の腕を活かし、料理家としてテレビや雑誌などを中心に活躍。仕事で訪れる全国各地のおいしい料理やお酒をヒントに、ごはんのおかずやおつまみにもなるレシピを提案している。料理番組『男子ごはん』(テレビ東京系列)にレギュラー出演する他、開始1ヶ月で登録者数3万人(2021年11月現在の登録者数16.4万人)を突破した栗原心平公式YouTube「ごちそうさまチャンネル」も好評。『おいしい酒肴(おつまみ)は白飯にも合う。』(平凡社)、『栗原心平のごちそうキャンプ メスティン・スキレット・ダッチオーブンでつくる極旨レシピ』(小学館)など著書多数。また、2021年8月より小中学生を対象としたアーカイブ動画視聴型オンライン料理教室「ごちそうさまクッキングスクール」を開講。
公式サイト「ごちそうさまOfficial」
公式インスタグラム「栗原心平 ごちそうさまOfficial」

やみつきの秘密は白こしょう使い!「スパイシー鶏むねフリット」

スパイシー鶏むねフリット
栗原さん

おいしさのコツは、白こしょうを小さじ1くらいたっぷり使うこと。白こしょうは熱を加えることで香りが引き立ちます。揚げるときは、高温の油で一気に。衣がサクサク、お肉がジューシーに仕上がりますよ。むね肉なので火が通りやすく、あっさり軽やかに食べられるのもポイントです。

材料(作りやすい分量)

  • 鶏むね肉・・・1枚(約400g)

  • A
  • にんにく(すりおろし)・・・1片分

  • 塩・・・小さじ1/2

  • 白こしょう・・・小さじ1

  • コリアンダーパウダー・・・小さじ1

  • クミンパウダー・・・小さじ1

  •  
  • 卵黄・・・2個

  • 薄力粉・・・大さじ1

  • 片栗粉・・・大さじ2

  • 揚げ油・・・適量

  • かぼす(くし形切り)・・・適量

作り方

  • 鶏むね肉は厚さを半分に切り、2cm幅に切る。ボウルに入れてAを加え、手でもみこむ。落としラップをして30分ほど漬ける。
  • に卵黄を加えて手でまんべんなくもみこむ。しっかりと全体にからんだら、薄力粉大さじ1、片栗粉を大さじ1だけ加えて手で混ぜ合わせる。プロセス2
  • 全体にねっとりとして粉気が無くなったら、残りの片栗粉大さじ1を加えてさっくりとまぶす。
  • 揚げ油を180℃に熱し、を揚げる。まわりがカリッとして軽く色付いたら、網に取って油を切る。
  • 器に盛り、お好みでかぼすを添える。

「スパイシー鶏むねフリット」には「いいちこ下町のハイボール GOLDEN BLEND」を!

試食シーン
栗原さん

「スパイシー鶏むねフリット」には「いいちこ下町のハイボール GOLDEN BLEND」がおすすめ! フリットのスパイスの香りとハイボールの樽の香りが互いを引き立て合います。味の面でも「GOLDEN BLEND」は少し重みがあるので、こういうお肉や揚げ物といったコクのある料理と相性がいいんです。ぜひ一緒に食べてみてください!

■いいちこ下町のハイボール GOLDEN BLEND

いいちこ下町のハイボール GOLDEN BLEND

熟成樽貯蔵酒のほのかな甘い香味と、麦焼酎の持つ味わいを絶妙にブレンド。麦焼酎の熟成樽貯蔵酒の甘い香り、味わいをとことん活かした炭酸の割合を追求。隠し味にレモンスピリッツを使って、プロのこだわりの仕上げを再現しました。


他にも、栗原心平さんの考案の「いいちこ下町のハイボール」に合うおつまみレシピやインタビューを、下記の記事や特設サイトでご紹介しています。ぜひこちらもご覧ください!

▶「いいちこ下町のハイボール」新CM に登場した、栗原心平さんの絶品おつまみレシピや撮影の裏話を特別公開!
▶料理家・栗原心平さんに聞いた「いいちこ」の魅力とは?
▶「いいちこ下町のハイボール」特設サイト

※記事の情報は2022年1月11日時点のものです。