2月15日から放映を開始した、俳優のムロツヨシさんが出演する「いいちこ下町のハイボール」の新TVCM、もうご覧いただけましたか?『いい料理と』篇では、料理家の栗原心平さんが登場し、栗原さんが作った手料理をムロさんと一緒に「いいちこ下町のハイボール」を飲みながら頬張るシーンが映し出されています。今回は、お二人が初共演されたCMの撮影裏話や、栗原さん考案の「いいちこ下町のハイボール」に合うおつまみレシピをご紹介します!

栗原心平
料理家。(株)ゆとりの空間の代表取締役社長。会社の経営に携わる一方、幼い頃から得意だった料理の腕を活かし、自身も料理家としてテレビや雑誌などを中心に活躍。仕事で訪れる全国各地のおいしい料理やお酒をヒントに、ごはんのおかずやおつまみにもなるレシピを提案している。料理番組『男子ごはん』(テレビ東京系列)にレギュラー出演する他、開始1ヶ月で登録者数3万人(2021年2月現在の登録者数11.7万人)を突破した公式YouTube「栗原心平ごちそうさまチャンネル」での活動、その他テレビやイベント出演など多岐に渡り活躍中。『おいしい酒肴(おつまみ)は白飯にも合う。』(平凡社)など著書多数。3月5日に最新著書「栗原心平のごちそうキャンプ」(小学館)が発売予定。

台本なし! 料理家・栗原心平さんの“素”が見られる「いいちこ下町のハイボール」新CM

栗原心平さんといえば、「いいちこ」の魅力を知り尽くした料理家。その「いいちこ」愛は、栗原さんご自身のInstagramからもうかがうことができます。

ご自宅では家に常備している「いいちこ25度」をレモンサワーや緑茶割りにして、その日の食事に合わせた栗原さん流の飲み方で嗜んだり、出張先ではコンビニにて「いいちこシルエット」を買い求め、旅のお供にする…そんな風に「いいちこ」を “いつでも、どこにいても飲みたいお酒” として、日頃より楽しんでくださっています。

▼詳しくはこちら!
料理家・栗原心平さんに聞いた「いいちこ」の魅力とは?

そんな大の「いいちこ」ファンである栗原心平さんが、今回「いいちこ下町のハイボール」シリーズの新CM『いい料理と』篇に出演。栗原さん同様「いいちこ」が大好きな俳優、ムロツヨシさんと初共演になります。

本篇では、栗原さんが「豚肉とブロッコリーのピリ辛香味炒め」を作るシーンからスタートします。栗原さんが腕をふるうのを隣で見つめながら、高まる期待を隠せずに出来上がりを今かと待つムロさん。完成した栗原さんの手料理を「いいちこ下町のハイボール」とともに味わったムロさんは、「ん~!いいですね~」と満面の笑み。栗原さんもご自分の料理と「いいちこ下町のハイボール」を初めて合わせてみて、「いいんじゃないですか」と大満足の様子です。

今回のCMは、あえて台本なしで撮影するというチャレンジングな企画。一生に一度限りの「いいちこ下町のハイボール」との出会いの瞬間を、ドキュメントで切り取りました。お二人が“素”のままに料理と「いいちこ下町のハイボール」を楽しみ、おいしさを表現し合う姿が見られるのは、台本なしだからこそ。栗原さんとムロさんは初対面でしたが息もぴったりで、“うまい料理といいちこハイボール”のおかげですっかり打ち解けた楽しい撮影になりました。

『いいちこ下町のハイボール いい料理と』篇 LONG
WEBでしか見られない長編ムービーはこちら

飲みやすく主張し過ぎない「いいちこ」のハイボールに合うおつまみとは?

CMを観ているこちら側も、思わず「絶対おいしい!」と言いたくなるこの「豚肉とブロッコリーのピリ辛香味炒め」。栗原さんはどうやってレシピを考案したのでしょうか?

栗原
「実は僕が『いいちこ下町のハイボール』を初めて飲んだのは、CM撮影でカメラがいざ回ったまさにその瞬間だったんです。想像でレシピを開発して、CM撮影本番で『いいちこ下町のハイボール』に合わせてみてください、という出演オファーだったんです(笑)。

ただ、『いいちこ』の焼酎ハイボールなので、一般的な缶チューハイのように甘くはないだろうなと思ったんです。甘さを抑えたすっきり系で来るだろうなと。あと、焼酎の味わいはしっかり感じられつつも、飲みやすく、主張し過ぎないのが『いいちこ』の魅力だと思っているので、そこはきっと守られるだろうなと。そういうお酒にはしっかりした味の料理が合うかなと、色々と想像しながらレシピを開発しました」

栗原さんトークカット

日頃から「いいちこ」を愛飲してくださっている栗原心平さんだからこそ生まれた、絶品おつまみレシピ。作り方のコツも教えていただいたので、ぜひ「いいちこ下町のハイボール」とともに味わってみてください!

「豚肉とブロッコリーのピリ辛香味炒め」

「豚肉とブロッコリーのピリ辛香味炒め」

■材料(2人分)
豚肩ロース肉(かたまり) 300g
塩 小さじ1/3
黒こしょう 適量
片栗粉 適量
ブロッコリー 100g

A
・しょうゆ 大さじ1と1/2 
・すし酢 大さじ1と1/2
・みりん 大さじ1
・酒 大さじ1
・白すりごま 大さじ1
・砂糖 小さじ2
・オイスターソース 小さじ2
・豆板醤 小さじ1
・にんにく(すりおろし) 1片分
・しょうが(すりおろし) 1片分


ごま油 大さじ1
長ねぎ(みじん切り) 適量

■作り方
豚肉は1cm厚さ、5cm長さの短冊切りにする。塩、黒こしょうで下味を付け、片栗粉をまぶす。
ブロッコリーは小房に分ける。Aは合わせておく。
フライパンにごま油を熱して①を並べ入れ、中強火で焼く。肉に焼き色が付いたら返し、ブロッコリーを加えて焼き目をつけるように炒める。
肉に火が通ったらAを加え、手早く炒め合わせる。
器に盛り、長ねぎをかける。

ここが絶品ポイント!

栗原さん

豚肉を揚げ焼きにすることで、衣にしっかり油を含ませジューシーに仕上げるのがコツです。肉は厚めに切って食感良く、食べごたえが出るようにしましょう。ピリッと辛味の効いたしっかり味の豚肉に、すっきりとした「いいちこ下町のハイボール」がよく合いますよ!


「いいちこ下町のハイボール」特設サイトでは、栗原心平さん考案のおつまみレシピを他にも2品ご紹介しています。ぜひ、チェックしてみてください。

▶「いいちこ下町のハイボール」特設サイト

※記事の情報は2021年2月16日時点のものです。